意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

自称・多忙な人間から脱却するためにやるべきこと。

f:id:tsuru-52:20170513004029j:plain

 

 

忙しい人は損をしている

 

あなたは今忙しいですか?

 

忙しいという方は本当ですか?

忙しいと思っているだけではありませんか。

 

 

忙しいと言ってチャンスを逃すひとが

非常に多い。

 

 

忙しいって言っても、

人生の中ではちっぽけなことじゃん。

 

 

アルバイトとかサークルとか。

金にならないことで忙しくなるのはばかげています。

まだ勉強をして忙しい人の方が

自分のスキルになるので

充実した忙しさだと思います。

 

 

なんてことはさておき、

忙しいと言っている学生の8割くらいの人が

大人から見たら忙しくもなんともないと思うので

スケジュールの管理術をお伝えしようかなと思います。

 

 

 

手帳は「時間軸」を使いなさい

 

f:id:tsuru-52:20170513094706j:image

 

僕はほぼ日手帳を使ってるんですけど、

1日ごとのページを使っています。

 

 

こっちの方が良いですね。

本当は書いてあるところを

載せようと思ったのですが、

がっつり仕事に関すること書いてるので

やめておきます…。

 

 

LINE@なんかで細かく教えれるので

気になる方はぜひぜひ。

 

 

ということで、

月間見開きはあまりよろしくないです。

1日単位で見るよりも

時間単位でスケジュールを管理すると

驚くほど時間を効率よく使うことができます。

 

 

時間軸で見ることができるから

1時間程度の隙間時間を見逃さなくなるようになります。

 

 

この1時間に、あなたがやらなくてはいけないこと

(SPIの勉強、ESの作成など)

やらなくてはいけないことをやる時間として

手帳に書きこんでしまえばOK

 

 

仕事は溜め込まないのが一番ですが

就活のスケジュールも同様です。

 

 

エントリーシートなんかは

とっとと出したほうが有利に働きますし、

こういう習慣が身についている人は

会社に入ってからも重宝されます。

 

 

 

いわゆる仕事ができる人間になってしまいます。

意識低くてもなれちゃうんですよ~

 

 

僕のモチベーションはいかに残業せずに

仕事を終わらせて家に帰るかだったので

必然的に効率の良い動きを目指していたのだと思います。

 

 

効率化が仇となる場面もないと言ったらうそになりますが

できることなら仕事が早い人間になることをめざしましょう!

 

 

優先順位をつける

 

 

あれもこれもやろうとしても

絶対にうまくいきません。

せいぜい2つくらいですかね

質の高さを維持しながら作業ができるのは。

 

 

 

だから、あなたのやるべきことに対して

優先順位を付けたうえで行動していきましょう。

 

 

手帳で、やることの横に数字を振って書くといいと思います。

やることが明確になっていれば

悩む時間も無くなるので

間違いなく効率よく動けるようになります。

 

 

また、優先順位をつけることによって

余計な誘いなどを断ることができるようになります。

忙しいぶっている人って、

遊んだり、飲んだりばっかりなイメージがあります。

 

 

 

「忙しくないやん!やることやれや」

 

 

 

なんて突っ込みたくなるような学生さん

よくいますけどあなたは大丈夫ですか?

時間は1方向にしか進みませんし

身体も1つしかない。

 

 

 

だからこそ、自分の中で優先順位を決めて行動する必要があります。

 

 

まとめ

 

 

スケジュール帳は時間軸を使う。

優先順位を決めて取りかかる。

 

これだけであなたの忙しさは

半分以下になるはずです。

ぜひやってみてください。

 

 

これができた人は次の段階です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

 ↑良かったら投票してね

 

 

【就活に悩んでいるあなたへ】

 

僕が一方的に発信するだけでなく

相談できる環境を作っています。

 

 

何か困ったことがありましたら気軽にご相談ください!

 

 友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

※オンラインカウンセリングも開始しています。