意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

多くの就活生が勘違いをしてお祈りされている件

地雷ワードを踏むと落ちる

 

 

あなたは気が付かないうちに

地雷を踏みまくっているかもしれません。

 

 

 

というのは、志望動機の話になるんですが

本人はいたって真剣に思っているんです。

 

 

 

でもそれは逆効果ということに

気が付いていない。

 

 

 

気が付かないから

地雷をバンバン踏みまくって

選考に通らない!やる気はあるのに!

と愚痴だけ吐いてボロボロになっていきます。

 

 

 f:id:tsuru-52:20170517082424j:image

 

 

成長したい?

 

 

あなたは就活で言ってませんよね?

 

 

 

「成長したい」

 

 

 

こんなことを面接で口に出したり

ESで文字にしていませんか?

 

 

 

成長したいとかいうのは

意識高い系のおバカな学生だけでいいです。

 

 

 

成長したい意欲を見せれば

やる気があると勘違いしているままでは

一生選考に通らないと思います。

 

 

というか、生き物自体に

成長欲求が備わっていて 

草は放って おいても伸びるし、

身体だって赤ちゃんの時から

どんどん大きくなっていたでしょ?

 

 

成長したくない!

なんていう人の方が少ないので、

成長したいをアピールするのは

どう考えてもズレています。

 

 

企業は学校ではない。

 

 

企業はあなたの成長を助ける場ではないです。

学校とは違います。

 

 

会社は事業をするために

あなたを使って利益を

上げることを考えています。

 

 

 

利益を上げる人材にするために

成長の機会は作ってくれるかもしれませんが

それはあくまで手段であって

目的ではありません。

 

 

 

企業がほしいのは

利益をもたらせる人です。

 

 

 

「成長したい」という自分本位の人が

組織に対してどんないい影響を

与えられるでしょうか?

 

 

自分自身で企業をうまく使い

成長してステップアップしたい

そのこと自体は問題ありません。

 

 

ただ、そのことを自己PRで話しても

企業が雇うメリットを感じませんし

まぁ落とされますよね…

 

 

学校は成長の場です。

あなたやあなたの親が

高い学費を払って学びの場に

 行っているわけです。

 

 

知識を得たり、経験したりする為に

お金を払っているわけです。

 

 

ここがミソで、

 

 

会社に入ったらお金をもらう立場になるわけで

学生の時と評価の基準が変わってくる。

 

 

今までは価値を受け取る側の人間だったのを、

今度は価値を作る側の人間に

ならないといけないわけです。

 

 

だから、あなたの強みを踏まえて

企業や社会に対して何ができるかを

考えてほしいなと思います。

 

 

 

ここまで書いてみて、

それでも成長したいことを伝えたいなら

成長した結果何をしたいかまで

触れてほしいなと思います。

 

 

どこでも成長できる

 

 

就活で成長できるとなぜ落ちるのか

ここまで読んでいただけた方は

わかったつもりにはなっているはずです。

 

 

 

さらに畳み掛けるようなことを言えば

どんなビジネスでも成長できます。

 

 

 

みんなが毛嫌いする3Kの仕事だって

社会に必要だから存在しているし

そこで目的を持って仕事をすれば

あなたは絶対に成長できるはず。

 

 

 

仕事に限らず、

日常生活の過ごし方を変えるだけでも

成長なんてできてしまいます。

 

 

成長に対する観点は人それぞれですけど、

考え方をちょっと変えるだけで 

面白いくらい世界が変わるということは

どこかでわかると思います。

 

 

現に、就活がうまくいっていなかったり

自信を持てずに

ここまで来てしまったのならば、

考え方を変えてみるというのも

1つの手段ですね。

 

 

 

よーーく考えてください。

あなたの人生がかかる大事なところなので。