意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

志望動機で企業理念に共感している人も地雷を踏みやすい

まだESでおちてるの?

 

isiki0gaksei.hatenablog.com

 

地雷シリーズ第2弾(笑)

 

 

エントリーシート添削を毎日やっているんですけど

僕が見ていてどうも腑に落ちない志望理由があって。

 

 

志望理由を書くことに苦労されているんだな~

と正直に理解はできるし

そのことを話す就活生も多いから、わかるんですけど

なにか見てて引っかかるんですよね。

 

 

 

「企業理念に共感したので志望します」という話は。

 

 

 

本当に志望動機に共感したならいいですよ。

動機としては。ただ、就活という茶番の中で

志望動機として求められているところは

もう少し深い部分にあるように思える。

 

 

 

企業理念が良いからということを言いたい気持ちは分かるけど

志望理由としては「それだけ?」で済んじゃう。

 

 

 

志望理由だから入りたい理由を書けばいいじゃん

なんてぼくだって思ってたさ。

でも、大人の世界はそうでもないんですよ。

 

 

 

企業をほめても何も出てこない

 

企業理念が素晴らしいから私もこの会社で働きたい!

熱意があるように見えて実は何も言っていない。

 

 

志望動機は自分が好きになったところを言う場面ではない。

もちろん企業の強みを話すところでもない。

 

 

いまだにここを勘違いをしている人は

就職活動で手ごたえを感じれない原因だと思う。

 

 

企業理念の素晴らしさとか

会社の特徴とかを一生懸命話しても

残念ながら企業の人の心には響きません。

 

 

だって知ってることを

わざわざ学生に説明されるんですよ。

企業の人はあなたがどんな人かを知りたがっているのに。

 

 

 

だから、会社をほめるだけの志望動機は

やめて下さい。内定が欲しいなら。

 

 

 

志望理由では、自分がどうしたいかを書いて下さい。

そのなかで志望するきっかけを書けばスムーズに伝わります。

 

 

 

1.働く中でこんなことがしたい

2.それが実現できるのは貴社だ

3.だから働いてこんなことをしてみたい

 

 

 

そんなことを志望動機に書いて

自己PRでそれができる能力を示せば1発で合格です。

だって、企業にとっても有益な人物だってすぐにわかるし。

ある意味理想の流れです。

 

 

別に大きな理想を掲げなくてもいい

でも、企業が好きだからという人よりも

何かを成し遂げたいという人の方が 

企業にとって何かしらいい影響を与えそうだと思いませんか?

 

 

 

共感するだけじゃダメ

 

 

結局、共感しているだけだと「いい人」どまりです。

これは恋愛とかでも同じじゃないですかね。

あの人いい人なんだけどな…みたいな。

何かが足りないから付き合うとかまでいかない。

 

 

ガンガン行く人って割と不細工でも異性が隣にいるでしょ。

たぶん、そういう人は共感しつつも自分の意思を発しているから

相手も「いいな!」となっているんですよ。本能的に。

 

 

 

じゃあ就活で、企業とマッチングするためには

やっぱり自分の思いを発信しないといけない。

企業に共感しましたというよりも

私はこんなことができるから、

御社でこんな仕事をして社会をよくしたい!

 

 

なんていったほうが相手に残るんですよね。

いい意味で。

 

 

だから、共感するだけじゃなくて

自分の意見をガンガン行ってほしい。

遠慮は最大の敵だと思います。

 

 

就活がうまくいけば自身もつくし、

日常生活でもガンガン行けると思います。

 

 

今までは遠慮して言えなかったことも

実際に言ってしまえば大したことないよな~

なんて思いますよ!

1歩踏み出したらあとはやるだけですから!

 

 

頑張っていきましょう!

 

 

 友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村