意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

持ち駒が減ってしまった時の企業探し

 

 持ち駒が少ない!

 

 

この時期になると

「持ち駒が減ってきて不安」

という学生の声をよくききます。

 

 

 

第一志望は落ちてしまったしどうしよう…

なんて方も多いので

今日は企業選びの話をしたいと思います。

 

 

 

基本的に就活は

「やりたいことから企業を探す」

というやり方が主流になっています。 

 

 

はじめのうちは僕もそう言います。  

 好きなことを仕事にできたら強いから。

 

 

 

でもその分、失敗した時のダメージも大きい。

夢破れたりって状態。

やりたかった仕事ができなくなるわけで。

 

 

それでもこの業界で働きたいと

レベルを下げて業界下位の会社に入って

地獄を見ている人も僕は知っています。

 

 

 

なので、行きたい会社に夢破れた人

またはやりたいことがよくわからず

ここまで来てしまった人向けて書きます。

 

 

 やりたくないことから見つける

 

 

今まではやりたい仕事をと言っていましたが、

180度視点を変えます。

「やりたくないことから仕事を探す」

という方法です。

 

 

 

と言ってもやりたくないことを

無理やりやれということではありません。

 

 

 

やりたくないこと、

これでは満足できないという条件を

明確にするということです。

 

 

 

僕のイメージは

「妥協できるラインを引く」

という感じなんですけど

 

 

 

「これだけはやりたくない!」

「これ以下の給料は嫌だ」

「これくらい休みがないと、無理」

 

 

 

これがクリアしている会社であれば

どんなところでも、

「入ってもいいかな」という風になります。

 

 

やりたいかどうかは別にして

生きていくために不満のない

労働環境の会社。

よくはないけど悪くもない選択です。

 

 

 

入ってもいいかなと

決めるところが妥協のラインです。

 

 

 

ここが明確だと

受ける企業をグーッと絞ることができます。

 

 

 

あなたがフィルターをかけて

企業を選別していく作戦ですね。

 

 

 

これをやると

今まで見ていなかった業界を

見ることができるようになります。

 

 

 

やりたいわけではないけど

やりたくないわけではない。

しかし環境としては悪くない。

 

 

 

こんな会社は数多くあるはずです。

そして、今まで知らなかっただけなので

調べてみると意外と興味が出てきたりします。

 

 

 

いつもの視点とは違うところから

会社選びをしてみるのも良いかもしれませんよ

というお話でした。

 

 

違う視点を持つ

 

 

企業選びもそう。

面接もそう。

なんなら自己分析だってそう。

 

 

自分1人でやろうとすると失敗します。

1人で考えてなんでもできる学生は

今頃就活に困っているはずもなく

あなたの想像もつかないような世界で活躍しているでしょう。

 

 

現に困っているのであれば

自分はまだ1人でできるレベルでないことを受け入れて人に聞いたり教えてもらったりした方が良いと思います。

 

 

 

自己分析なんかは面白いもので、

人に言われてはじめて気づく

自分の知らない自分に気づくことができます。

 

 

いろんな切り口から解決策があるので

できない自分を受け入れて

できる自分になれるように頑張ってくださいね。

 

 

 

LINE@やっています 

 

 友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村