意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

転勤は大丈夫ですか?に対するかわし方。

転勤は大丈夫ですか?

 

住むところを自分で決めれないことは

大きなリスクだと思うのですが

それなりの企業の総合職では

ほぼ必ず聞かれる質問だと思います。

 

 

大きい企業であればあるほど

様々な場所に支社があるわけですから、

遠くに配属される可能性は大いにあります。

 

 

なので、受け入れるか受け入れないかはあなた次第ですが

この質問に対してどうやって答えていけばいいか

考察していきたいと思います。

 

 

事情がある場合は正直に言ったほうが良い

 

当たり前のような話ですけど

一応この質問は入社後のミスマッチを防ぐ意味もあります。

 

 

どこでもOKです!

なんていったくせに、僻地に飛ばされて

やっぱりやめますなんて言われたら

採用の努力がパーになりますからね。

 

 

だから、もし事情があるなら正直に申告したほうが良い。

無理して大丈夫ですなんて言って

内定はもらえるかもしれないけど

長い人生のことを考えると、良い判断ではないと思います。

 

 

ただ、知らない土地が苦手レベルであったら

面接の場ではできます!といったほうが

話はスムーズにまとまります。

 

 

 

一応前向きな姿勢を見せておくことは

面接官の心象もよくなります。

 

 

 

もちろん、勤務地の希望を伝えること自体は

問題ではありません。

転勤はあなたの枠を超えるチャンスだと思って

覚悟を決めた言葉を発するのもいいと思います。

 

 

 

でも本音は勤務地を絞りたい

 

ですよね~。知らない土地に行くのって

かなりしんどいですよね。

独身のうちはいいですけど

家族ができたときとか絶対しんどい。

 

 

 

自分だけじゃなくて他の人の人生まで

巻き込んでしまうわけなので。

 

 

 

正直、会社の都合で住むところを決められるシステムってどうなの?

なんて思うところはありますが

入りたい会社が転勤前提なら受け入れるか

他をあたるかのどちらかですもんねー。

 

 

 

入ってから事情が変わったことにすればいいっちゃ良いので

とにかくその会社に入りたかったら 

「どこでも行きます!」というのが

実は内定までの近道かもしれません。

 

 

LINEで個別相談もしています。

↓ 

 友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村