意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

差別化は必要だけど、無理にしなくてもいいよ。

差別化をしないといけない?

 

これは間違いなく言える話です。

差別化をできるならしたほうが良い。

 

 

 

企業はたくさんの応募があり、

その中から選ぶ余裕があります。

 

 

だからありきたりな言葉を並べてしまうと

埋もれてしまう可能性は大いにあります。

レベルの高い会社であればあるほど

自分らしさという名の差別化は必要になってきます。

 

 

しかし、差別化をしようとして

ただただ変わったことをしようとしている人も中にはいます。

 

 

採用担当の人の目を引くために

何か突拍子のないことをやってしまうひとが

ちらほらいるように思います。

 

 

確かに差別化は必要ですが

「それをしてどうすんの?」

というようなことはやめておいたほうが良いんじゃないの。

常識がないの一言で片づけられる可能性が高い。

 

 

自分にとってはアピールをしているつもりでも

相手にとってみれば常識のない学生が来たなんて

不快感を示す場合があります。

 

 

「今までどんな教育を受けてきたんだ」

「この子は扱いにくそうだな」

 

 

なんて思われてしまったら

あなたを採用するメリットは感じられませんよね。

 

 

 

役員選考に持っていく前に、

そんな常識のない不快な学生は

すべて切り捨てられてしまうのがオチです。

合わせる顔がないですから。

 

 

普通のことが普通にできる人は強い

 

 

基本に戻ってくるとここにたどり着きます。

当たり前をきちんとやることができる人。

言葉づかい・態度・姿勢・話し方

レスポンスの速さだったり、

時間を守るとか。

 

 

isiki0gaksei.hatenablog.com

 

 

過去記事でも書いていますが

当たり前のことをしていたら減点されることはありません。

むしろ相対的に見たらプラスかもしれません。

 

 

入社してからも

「この子は早く仕事を覚えてくれそうだ」

と期待を持ってくれるようになるかもしれません。

 

 

当たり前のことをしっかりやる常識人。

言葉でアピールすることではないですが

見ている人はしっかり見ています。

 

 

これができて初めて

差別化をしていこうという話になっていくわけです。

うまくいかないと焦って

意味の分からない行動をとらずに、

順序を踏んで、面接に臨んで欲しいなと思います。

 

 

おまけ:差別化したいなら

 

あなたの経験から、

他の人が経験していなさそうなことを

拾っていくと差別化はしやすくなります。

 

 

僕は早朝アルバイトをしていたので

同じアルバイトの話をしても

学生の間、毎朝4時半に起きてアルバイトしたり

バイトがない日は筋トレしてましたみたいな話をして

ちょっと差別化をしていました。

 

 

ほんと大した話ではないけれども

ちょっとしたエピソードで、

 

決めたことはやるとか、

時間の使い方を意識しているとか

継続力があるとか

 

 

切り口が広がっていきます。

ぜひ、自己分析を掘り下げて細かなことでも

他の人とかぶりにくそうな話を持っておくと

良いかもしれませんね。

 

 

 

【就活に悩んでいるあなたへ】

 

僕が一方的に発信するだけでなく

相談できる環境を作っています。

何か困ったことがありましたら気軽にご相談ください!

 

 友だち追加

isiki0gaksei.hatenablog.com

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村