意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

2次面接の突破方法を考える

 

 

「2次面接落ちました」

 

最近僕がよく聞くフレーズの一つです。

1次面接はとおるんだけど

2次選考には通らない。

理由も自分ではわからない。

そんな人の悩みが解決できるといいなと思って書きます。

 

 

 

1次面接と2次面接の違い

 

ここから考えてみるとヒントは見えてきます。

どんなところが違うでしょうか?

 

 

端的に言えば、見ている人が違います。

同じ企業の中でも、立場が違うこと。

だから1次の時とみているポイントが違うのです。

 

 

企業によってどんな人が出てくるかはわかりませんが

1次面接が人事レベルであれば

その上の立場の人か、

現場レベルの人かどちらかが出てくると思います。

 

 

 

人が違えば見るポイントも違ってくるので

そこをしっかりと押さえておいた上で

面接に臨むことができれば、

あなたの選考通過率はおそらく変わってくるはずです。

 

 

人事担当が出てきた場合

 

基本的に社歴が浅い人事担当が出てきたときは

・社会人としての基礎能力があるか?

・会社への興味はありそうか?

・どんな能力を持っているか?

・どんな経験をしているか?

 

 

あまり深い所までは突っ込まれないと思います。

1次面接で見られるところですね。

人事面接が通る人は基本的に志望理由さえしっかりしていれば

どの企業でも1次面接は突破できるのではないかと思います。

 

 

現場の人が出てきた場合

 

人事よりも、人間的な部分に比べて

「仕事ができそうか」ということを重視します。

 

 

・現場で仕事ができそうか

・そのポテンシャルはあるか

 

あなたが営業を希望しているのであれば

営業を実際に経験している人がいるので

過去の経験からこういう気持ちで取り組みますと

強く言えることができたらいいと思います。

 

 

おそらく課長とかのクラスが出てくるので

入社してあなたの上司となる可能性があるポジションの人です。

その人に対してこんな部下だったら欲しい!

と思ってもらえたらあなたは内定に近づくでしょう。

 

 

人事の部課長が出てきた場合

 

若手の社員に比べてもう少し深い所を見ています。

・どんな仕事を任せそうか

・どんなビジョンを持っているか

 

 

志望理由や自分の能力に際して

前回の面接よりも深く聞かれます。

だから、それに対応できるようにしておかないといけません。

 

 

対策をするならば、

自己分析の深堀と企業研究です。

 

 

 

特に企業研究は会社のいいところを見つけるのではなく

自分のやりたいことと

会社でできることがどうマッチしているかを

うまく伝えていくと良いと思います。

 

 

企業研究で言うと下記の記事も参照してほしいです。

 

isiki0gaksei.hatenablog.com

 

 

 

特別な対策方法はない

 

ここまで書いていて伝えたいことは

「特別な対策はない」ということ。

地道に準備を重ねていけば間違いなく成果は出ます。

 

 

出ていない人は単純に言えば足りていないか

やり方が間違えているだけの話です。

 

 

だから、うまくいかないのであれば

もっと自己分析や企業分析に時間を割いてもいいと思います。

そこでやり方がわからなくなって

人に聞くという選択肢が生まれます。

 

 

初めから答えを知ろうとする人は

社会では通用しませんよ。

 

 

 

せっかく就活をするなら

生きていく力も蓄えていたほうが良いです。

やっていきましょう!

 

 

 LINE@では1対1でなんでもおしえています。

 

 友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村