意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

あなたにとって仕事とは何でしょうか

 

 面接でも聞かれます。

就活の軸としても考えてほしいことです。

 

 

 

実際に働いたことのない学生にとって

あまりにもわからない、漠然としている話なので

頭を抱えてしまう方が多いですが

一緒に考えていきましょう。

 

 

この質問をする意図とは?

 

1.仕事に対する考え方を知りたい

 

仕事をするうえで、何を大切にしているのか

どんな考えを持っているのかを知りたい。

要するに、価値観を知りたいのです。

 

 

自己分析をするときも、この問いを持っておけば

企業選びもスムーズになりますし

仕事に対してのやりがいみたいなものを

見つけやすくなるのではないでしょうか?

 

 

2.価値観が企業に合っているか知りたい

 

あなたが企業に入ったときに

企業の価値観とずれていないかを確認するためです。

 

 

せっかく入社したのに

価値観が違っていては、お互いにとって利益になりません。

 

 

だから、面接の段階で質問をされるということは

頻出の質問であると言えます。

 

 

 

あなたにとっての仕事とは?を語る

 

 

あなたの仕事観を伝える時に意識してほしいのは、

あなたが社会に何が還元できるか

ということです。

 

 

仕事=お金を稼ぐお金を稼ぐため、生活のため

というのは間違いのない事実ですが、

そこにプラスアルファがあると強い。

 

 

○○がしたいです!

 

ということを会社の企業理念や社風と照らし合わせて

「働くこととは?」「仕事とは?」

という問いを考えていきましょう。

 

 

実際に、仕事に対して目的があると

日々の目標に対しての意欲も上がります。

そのことを企業の人も知っているので

評価もされやすくなるというロジックです。

 

 

自分の過去の経験から考えたい

 

 

仕事とは何か、何を還元したいかを考える時に

自分の体験ベースで考えると相手に思いが強く伝わります。

 

 

勉強ができるから医者を目指しますという人と

小さい頃心臓の手術をして命が助かったから医者を目指します

 

 

どっちが仕事への情熱がありそうか

一目瞭然だと思います。

 

 

過去の体験から、私はこう思っている!

という説得力ある言葉を重ねることで

仕事への価値観を見つけていくのも大切です。

 

 

成し遂げたい思い

 

社会への還元という意味であれば

私は仕事を通じてこんなことをしたいという

思いや抱負を述べていてもいいと思います。

 

 

志望動機と重なる部分はありますが

この、仕事とは何か?という問いを考えると

志望理由に関しても作りやすくなるので

ぜひ考えてみてください!

 

 

LINE@やってます。

無料相談やES添削

就活の豆知識、裏話などブログに書かないことも

1対1で発信しています。

 

友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

 

がっつり教わりたいひとは有料で

就活コンサルもしていますのでお声がけいただけたら

詳細をお伝えします!

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

 

 

志望動機の作り方と