意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

卒論を書かなかった就活生の末路…

大学生がみんな卒論を書くと思うなよ!

 

ゼミなしサークルなし卒論書かない

意識が低い就活ブロガーのつるです。

 

 

たまに面接を受けていると言われました。

つる君はゼミに入らず何をしてたの?

よく聞かれました。

 

 

ここで詰まってしまうと

本当に意識低い無能な就活生になってしまうので

うまく返すことによって

有能感を醸し出すことができると思います。

 

 

答えにくいことをさらっと答えることは

頭の回転が早そうというイメージを

植え付けることができると思います。

 

 

 

ゼミなし卒論なし学生の場合

 

僕の場合、正直に答えていました。

中途半端に嘘を言っても仕方がないですからね。

 

僕が受けていたのは専門職ではなく総合職だったので

細かい専門性は見られていなかったのが大きいかなと。

 

 

なので、後ろめたさを感じずに

自分のゼミ以外で学んだことを話せばいいと思います。

これはゼミや卒論に限らずいえることですが

 

 

 

何をしたかではなく

何を考えて取り組んだかが重要です。

 

 

 

ゼミをやらなかった時間、なにをしていたのか

うまく答えることができたらあなたの勝ちです。

 

 

未着手の場合

 

3~4月の時点で卒論を決めていないという方も

多いかと思われます。

 

 

そういう場合は、やるかやらないかは別にして

やろうと思っているテーマについて書いたら良いです。

 

 

卒論について就活で聞く意図は

「なぜそのテーマを選んだか」(興味・関心)

「どう取り組んでいるか」

ということを知りたいだけなので

 

 

 

なかったら、ほかの質問で聞いてくるだけです。

なければないで大丈夫なので

おどおどせずに自信持っていきましょう。

 

 

結論

 

ちゃんと面接官とコミュニケーションをとることができたら、

卒論を書かずとも内定は取れる。

 

 

 

 

LINE@やってます。

無料相談やES添削

就活の豆知識、裏話などブログに書かないことも

1対1で発信しています。

 

友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

 

がっつり教わりたいひとは有料で

就活コンサルもしていますのでお声がけいただけたら

詳細をお伝えします!

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村