意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

話が長い人ってしんどくない?

 

f:id:tsuru-52:20170526104919j:plain

 

 

自己PRをどうぞ!

 

 

って言われて長々と話をしている人。

自覚ありますか?

長い話ってしんどくないですか?

 

 

僕は高校生の頃の監督がおかしかった(失礼)ので

監督の話を5時間立ちっぱなしで聞くとかは

割とよくある光景でした。

 

 

でも、5時間話してても、

大体同じことの繰り返しだし

頭には入ってこないよなーなんて思ってましたけど。

 

 

面接の場で一方的に5分10分話してて

内容がすっと頭に入ってくるかと言われたら

正直な話、ノーですよね。

 

 

たぶん、あなたのしてきたことは素晴らしいし

能力があることもなんとなくわかった。

でも肝心の話が長くて集中できない!

 

 

なんてことはよくある話です。

あなた一人に向き合っていたら良いですが

面接官は1日に何人も相手にするわけです。

 

 

 

そこを踏まえて、あなたの話を短くする方法を教えます。

 

 

1文が短いと、聞きやすい。見やすい。

 

このブログも基本的には短文を意識しています。

接続詞を使って文章を長くすることもできます。

ただ、それでは頭に入らないから短くしている。

 

 

 

なぜ、短い方がいいのか。

話にリズムが生まれてくるからです。

 

 

 

自分の自己PRや志望動機を話していて

なんだか話しててしんどいなーと思う人は

この記事をちょっと声に出して読んでみてほしい。

 

 

 

おそらく、ポンポン読めるはず。

話のリズム感も非常に大事です。

 

 

 

文章があまりにも長いとだれます。

そして論点もぼやけます。読んでいて

何が言いたいのかがわからなくなります。

これは大きなマイナスポイント。

 

 

聞いててしんどいし、内容は入ってこない。

これ、最悪じゃないですか?

 

 

ということを踏まえて、文章は短く!

 

 

接続詞は使わない。言い切る。

 

話が長くなってしまいがちな人は

このことを意識するといいですね。

 

 

~ですが、~もありますし、

~だけなく、~だけど、

~なので、○○です。

 

 

こうやって句読点が続いてしまうと

原稿を見なかったら何を言いたいかマジでわからない。

 

 

言い切ったうえで、そのことに説明する。

これの繰り返しだと、それっぽい感じになります。

 

 

あとは相手に伝えることが大事なので、結論ファーストで。

結論→根拠→理由。

この話の型に沿っておけば、

話が長すぎて理解されないということは減ると思います。

 

 

うまく話せている実感がない人は1度見直してください

 

 

 

LINE@やってます。

就活以外の悩みも受け付けています

(心理カウンセラーとしても活動しています)

 

友だち追加

クリックして友達追加してください。

(悩み相談・ES添削など24時間受付中)

 

 

がっつり教わりたいひとは有料で

就活コンサルもしていますのでお声がけいただけたら

詳細をお伝えします!

 

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村