意識低い大学生のための就活下剋上作戦

ノンゼミノンサー意識低い大学生活が大手企業に就職したノウハウをブログ上で提供します。

志望している業界に落ち続けている人が確認すべきこと

 

 

 

 ○○業界を志望していますが

選考になかなか通ることができません。

どうしたらいいですか?

という質問を頻繁に頂くのでこの場で答えておきます。

 

 

希望している業界でお祈りを連発されると

自信がなくなってくると思います。

その時に考えてほしいのが

「周りの同じ業界希望の人と自分を見比べる」

ということです。

 

 

同じ業界や同じ職種で落ち続けるということは

適性がないと判断されている可能性があります。

そこで、判断基準となるのが

「ほかの選考者」と「自分」の違いです。

 

 

あなたがおとなしい性格だったとして

周りの志願者がウェイ系の人ばかり。

なんなら企業の人もウェイ系だった。

これは間違いなく「合わない」と判断されます。

 

 

ということはわかりますよね。

 

 

あなたに圧倒的な能力があるならば話は別です。

ただ、そういった人はほんの一握り。

 

 

企業で働く以上、あなたは駒の一部にすぎないわけですから

企業の風土にあった人が集まりやすくなるのは当然の話。

だから、その企業に合わせていくか

圧倒的なスキルをもって就活に臨むかの2択です。

 

 

落ち続けているということは

何かが足りないわけですから

その何かを変えていかないといけません。

 

 

あなた自身のキャラクターを変えるのか

それとも環境を変えるのか。

環境を変えるというのは就活で言うと

志望の業界を変えるという意味合いになってきます。

 

 

これは大きな決断になります。

 

 

 

あなたのキャラクターを変えていく場合

会社に入社しやすくなるメリットはありますが

入社してからもあなたは仮面をかぶって

キャラクターを演じ続けなければなりません。

 

 

本当に行きたい会社や業界があるのであれば

一つの方法としてありますが

下手すれば40年間演じ続けないといけないわけで

心理的な負担は大きいかと思います。

 

 

なので「自分の中でどのような優先順位を取っていくか

しっかりと考えていく必要があります。

 

 

もう一方の業界を変えるという作戦。

 

 

あなたが現実路線になり

「自分に合いそうな会社」を選ぶ作戦です。

こちらの方があなたの活躍できる可能性があります。

 

 

ただ、憧れていた志望業界への未練が

一生つきまとう可能性はあります。

ここも気持ちの整理は付けないといけない。

 

 

いずれにせよ、現実を受け止めていく必要があります。

理想は語れど、それだけでは残念ながら生きていけない。

 

 

自分の中で、何が譲れないのか

そのために何をすべきかをしっかりと考えて

これからの就活の方針を考えていきたいですね。

 

 

LINEでの相談や

オンライン通話でのアドバイスも行っているので

いろいろつかって、最良の選択をしてください!

 

 

 

 

LINE@やってます。

 

メッセージでの相談・ES添削・選考の振り返り

人生相談・営業スキル向上・その他人生に役立つ情報を発信

 

1対1でやり取りできるので

聞きたい情報を引き出せます。

 

友だち追加

クリックして友達追加してください

 

 

 

就活が詰んでいる多くの人に届けたいので

良かったら投票してください

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村